激安で換気扇を購入して長持ちさせる方法とは

激安換気扇のメンテナンスをこまめに行うことがポイント

家の空気をきれいに入れ替える

自宅はもちろんのこと、飲食店のキッチンなど誰しもが一度は目にした事のある換気扇ですが、換気扇の持つ役割について詳しく知らないという人も少なくありません。換気扇は人が呼吸をする時に吐き出すことによって室内に充満する二酸化炭素と屋外の酸素を入れ替えて室内の空気を綺麗にするのが主な役割になります。

換気扇の交換手順

誤作動を防ぐためにコンセントを抜く

換気扇の交換に限らず、何かの作業をする時に必ず行なわなくてはいけないのが安全の確保です。換気扇の交換で最初に行なう安全の確保は、誤作動を防ぐためのコンセントの取り外しになります。これにより、交換作業中に思わぬ誤作動で怪我をする危険を避けることが可能です。設置場所や商品によってはコンセントの位置がわからないというケースも少なくないため、そういったときはブレーカーを落としておけば問題ありません。

本体に付いているカバーを外す

換気扇は運転中に誤って巻き込まれる事故を防ぐために本体にカバーが付いているのが一般的です。そのため、まず最初に本体からカバーを取り外すのが最初の手順になります。換気扇の種類によっては窓に張り付いていたり、長年の使用による油汚れの付着で外しにくいケースも珍しくありません。そういった時はマイナスドライバーなどを隙間に差し込むとスムーズに外れます。

プロペラ類を取り外す

無事に本体カバーが取れたら次に行なうのは中のファンを取り外す作業になります。一般的な換気扇はこのファンの真ん中に本体とファンを接続しておくためのスピンナーと呼ばれるネジのような部品が付いているので、これを先に外さなくてはいけません。スピンナーはファンの回転方向と逆に回すことで簡単に取れます。スピンナーさえ取れれば残りのファンは引き抜くだけで外れるので簡単です。

ネジを緩めて本体を取り外す

ここまでの作業で必要な部品は全て取り外せているので、残っているのは本体だけの状態です。換気扇は本体の上部に付いている2ヵ所の蝶ネジによって取り付けられているのが一般的とされていて、この蝶ネジを緩めれば間単に外すことはできます。しかし、長年使用している換気扇は油や埃の付着によってネジがガッチリと固定されてしまっているケースも少なくありません。もし手で緩めるのが難しいのであれば、ベンチなどの工具を使うのがおすすめです。

これまでの手順を遡って新しい換気扇を取り付ける

新しい換気扇の取り付けは、古い換気扇を取り外した時の手順を遡っていくだけなので、手順さえしっかり覚えていれば問題なく取り付けられます。この時に気を付けなくてはいけないのがコンセントの長さです。商品によってコンセントの長さに若干の違いがあるため、新しく取り付ける物が以前よりコードが長いというケースも珍しくありません。換気扇はキッチンなど火を使う場所に設置されることが多く、必要以上にコードが伸びた状態にしておくと発火に繋がるケースもあるので注意が必要です。そういった事故を防ぐためにも、コードが長いと感じたら不要な部分は取り付けるときに枠の中にしまっておくことが大切になります。

激安で換気扇を購入して長持ちさせる方法とは

換気扇

換気扇とは?

換気扇とは室内の空気を綺麗な状態にする電気機器です。詳しく知らない人の中には、空気を綺麗にするという意味で空気清浄機と同じと考えている人も少なからずいます。しかし、空気清浄機が室内の空気を機械に取り込んで綺麗にするのに対して、換気扇は室内と外の空気を入れ替えるのが主な働きです。
部屋やトイレなど人が日常生活の中で使用する空間は、目には見えなくても自然と汚れた空気が充満してしまいます。汚れた空気を吸い続けて生活をするのは衛生的にも健康面でも良いとは言えません。そういった意味で、換気扇は日常生活の中で大きな役割を持っているのです。

換気扇のお手入れ方法

換気扇は日常生活の中で使用頻度が多く、それに伴って汚れも溜まりやすくなってしまうので定期的なお手入れが大切になります。お手入れの方法は、まず最初にカバーやファンを本体から取り外します。ファンは取り付けたままでも清掃は可能ですが、細かい部分の汚れを落とすためにも、面倒臭がらずにしっかりと外すことが大切です。ファンを始め換気扇の汚れは主に毎日の調理などで発生する油汚れになるので、使用する洗剤は市販されている油汚れ専用の物でも問題はありません。
ファンの形状は換気扇によって異なるため、小型の物であれば洗剤を入れたぬるま湯に付け置きしてから汚れを落とすのも効果的です。

掃除がしやすい換気扇も登場

時代の変化と共に電化製品が日々進化を遂げている中で、換気扇も多機能から激安までさまざまな特徴を持った商品が作られています。日常での使いやすさを重視している換気扇はもちろんのこと、中には面倒なフィルター掃除の手間を省いてくれるフィルター無しの物や、自動で清掃をしてくれるセルフクリーニング機能付きの商品もあるほどです。もちろん、セルフと言っても本体や繋ぎ目などの細かい部分の掃除は人間の手作業が必要ですが、全体の掃除の手間や時間が大幅に削除されるのは生活の利便性を高めてくれると言えます。

広告募集中